言われてる

日々のいろいろ
06 /28 2012
自分に向けて話された言葉ではなくても
「あ~ これって私に言われてる~」と思うことってないですか?

目にうつるものや周りの言葉に、
実は意外なメッセージやヒントなどが
たくさん含まれているように感じます。

昨日は
「学ぶだけではだめなんです。訓練しないと。」
という言葉に、あちゃー!と思いました。
言われちゃってるよ・・・。

訓練・継続・コツコツと。 耳がイタイ・・・ ^^;;;

スポンサーサイト

積読

日々のいろいろ
06 /22 2012
Image875.jpg


つんどく??

いいえ。同時進行中で読んでいます。
読み返しているものや、必要そうなところだけピックアップしてみたり。

物語ものを最近読んでいないなぁ。

ルルドのお水

日々のいろいろ
06 /14 2012
先日、ユキさんの「エネルギーの学校」で
お水のエネルギーを感じるブラインドテストがありました。 
( ユキさんのブログ 

どんなお水かは知らされずに、3種類のお水を
少しだけ口に含んでエネルギーを感じてみます。

お水自体のエネルギーではなく、自分の体感がどう感じられるか。
そこを意識してみて、とアドバイスがありました。

ふむふむ。確かに3種類とも違う体感があります。
皆でどう感じたかの感想を述べ、
「どんなエネルギーが入ったお水かしら???」
と意見を出し合いました。

3種類のお水は、
ユキさんが旅行先のフランスから持って帰ってこられた
◎ ルルドのお水
◎ マグダラのマリアの洞窟のお水
それと
◎ 日本の秩父のミネラルウォーター・天恵水 とのこと。


どれがどれかのマッチングもしてみました。

結果、私は全部ハズレ~。

でも、このテストは当たりはずれを決めるためのものではなく
そのエネルギーに対して自分がどう感じるかを
知るためのものなんだそうです。

だから、「ルルドのお水ってなんだか神秘的なはず~。
だったら体感が良かったこれだわ~。」と
浅はかにも思ってしまったのがいけなかった。

ルルドのお水、私の第一印象は苦くてとげとげした感じでした。
二度目に確認で飲んだ時には、なんだかよくわからなくなってしまいましたが…。

カトリックやフランス(特に南仏!)がエネルギー的に少々苦手なので
ルルドの奇跡のお水も私には苦かったのかなぁ。

良い悪いを判断するのではなく、
自分が感じる体感にもっと注意を向けていこうと思います。

プロトコールチャート

BodyTalk
06 /09 2012
ボディートークでは、
コミュニケーションが取れていない箇所を見つける際に
「プロトコールチャート」 を使って探していきます。

そのプロトコールチャートを初めて目にしたとき、
まるで雷に打たれたかのように、ビリビリビリ~~と衝撃を受けました。
「知りたいことが全部つまってる!!!」
そんな第一印象でした。

先日モジュール4・7のセミナーを受講し、
これで上級プロトコールチャート表を全て網羅して学ぶことが出来ました。

ますます深みのあるセッションを行えるよう
これからもいろんな学びを続けていきます!

プロトコールチャートってどんなのかな~と思われる方は
セッションの際にお見せいたしますね。

体のこと、心理学的なこと、環境要因、意識、過去世、
中医学の要素、惑星 etc.etc.
たくさんのことが詰まった素晴らしいチャートです。

頑固玉!

Chi Nei Tsang
06 /08 2012
日本チネイザン協会のHP上にある
プラクティショナーブログに投稿した記事をこちらにも掲載します。

チネイザンの施術体験についてです。

===========================

私はチネイザンを受けることが大好きなのですが、
初めて施術を受けた時のお話をしたいと思います。

チネイザンは内臓の機能向上といった
肉体面に直接関わる部分も大きいですが、
精神面・感情面にもとても深く関わっています。
受ける方のその時の体調、心理状態、タイミングなどによっても、
本当に様々な受け取り方があると思います。

私の場合は、施術が進んでいくうちに、
起きているのか眠っているのかわからないような
ウトウトとした気持ちの良い状態になったのですが、その時イメージの中で、
グレープフルーツくらいの大きさの「鉄の玉」が、
お腹の中から浮かび上がってくるのが見えました。

その鉄の玉には、太い文字で 『頑固』 と書かれてあり、
「うわぁ!頑固の固まりが出てきたぁ!」と、とても驚きました。
(あくまでもイメージです。実際にそんなものが出てきたら怖すぎます!)

それ以来、頑固さは少し減ったのでしょうか・・・。
自分のことは自分ではわからないことが多いですね。

チネイザンを施術するときも受けるときも、
毎回毎回の体験や変化を大切にしていきたいと思います。