『リスボンへの夜行列車』

08 /23 2012
久~しぶりに小説を読みました。

『リスボンへの夜行列車』 パスカル・メルシエ


作中作の「言葉の金細工師」のずっしり深みのある文章を
読んでいると、心の深い部分が整理されていくようでした。

プラドの両親に対する葛藤は わかるなぁと思う反面、
その葛藤を消すためにプラドがとった行動は衝撃的。
そこまでするんだ…。
人生を生きる意義から逃げているように思うなぁ。


堅物の古典文献学者が、それまでの人生を突然ストップする展開や
プラドをめぐる様々な人々、まつわるエピソードの数々は
推理小説のようでもあります。

舞台となるポルトガルの知らなかった一面も知れて
面白かった!  星3つ☆☆☆
スポンサーサイト

よりよく生きるということ

日々のいろいろ
08 /09 2012

ある人といっしょにいたあと、元気づけられたように感じ、
まえよりも生き生きとし、よい気分になり、
あるいはときには新たな勇気と新たな洞察とを得たりする、
しかも、そのときの会話の内容がこの変化を説明してくれる
というわけでもないのに。
こうした経験は、誰にでもあるのではないだろうか。

エーリッヒ・フロム 『よりよく生きるということ』  P70 



先日友人と楽しく会話をして過ごしたあと
街中で見るいろんな場面や、買い物先でのお店の人との会話が
とっても心なごむハートフルなものでした。

友人はすてきな旅から帰ったばかりで、
ハートが全開!きらっきら☆だったのです。

その人の在り方だけで 
周りの人の心が、違う周波数の世界へ。
そんな体験でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。