感じてみること

BodyTalk
10 /24 2012
体の感覚が今どう感じられるか、普段意識されていますか?
ショックな事があったときは胸が締め付けられるようだし、
すごく嬉しい事があったときは足が浮いているような感じ。
日常のいろんな場面の1コマで、体はどういう感覚か?
と感じてみることは、無意識にのうちに反応している体に
気付けて面白いです。

メンタルコーチをされている方が、
「体はどんな感じがしますか?」という質問をしても、
ガチガチに頭だけで考えているタイプの
年配の男性などは全く感じられていない為、
そこをときほぐして、体で感情を感じてもらうことに
まず時間がかかってしまう、とのことでした。

私はみぞおちの辺りが重い感覚をよく感じます。
特にストレスを自覚していなくても、
少しキュッと縮こまったような感じ。
そういう癖がついているのかもしれません。
気付いたときには、内部に向かってにっこりインナースマイルをします。

体が心地いいと感じる感覚に、しっかり意識を
向けてみるのもいいですね。
温かい飲み物を飲んでホーッとする感覚とか、
木々に囲まれて全身の皮膚がふわっとする感覚、
ペットを撫でているときの柔らかな手触り。
そういった体感と、気持ちや感情・思考のつながりに気付いていくと、
チネイザンを受けられたときに、
よりバラエティーに富んだ広がりをご自身の内側に感じられると思います。


チネイザン・プラクティショナー・ブログより



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。